メインイメージ

いま、海外拠点にテレ会議を導入したい企業が増えています!

テレビ会議システムを導入する企業は年々増加しています。
特にグローバル展開を行っている企業の導入率は高く、海外拠点へのシステム展開は必須事項、もはやテレビ会議システムは「持っていて当たり前」の企業ツールになった、といっても過言ではありません。

海外に支店や工場を持つ企業にとって、言葉の壁によるコミュニケーションミスや現地状況の把握不足といった問題はどうしてもつきものです。
担当者が頻繁に出張し密なコミュニケーションをとることで、こういった問題を解決することはできますが、コスト削減、効率化を重視する企業にとっては現実的ではありません。

そこでテレビ会議を導入することで、出張経費の削減・移動時間のカットが期待できます。
そしてコミュニケーションの頻度を大幅に増やし、ミスを未然に防ぐことができます。
海外拠点へのテレビ会議導入こそ、face to faceで意思疎通が行えるコミュニケーションの「導入効果」を実感することができます。

 

海外導入支援プログラムとは

VTVジャパン独自の「海外導入支援プログラム」は、海外へのテレビ会議導入に向けて、導入前の準備・機器設置・導入後の保守サポートまで一貫して行うトータルプログラムです。

通常海外導入に向けてのステップは、まず現地代理店のリサーチを行い、その後代理店選定と製品見積もり依頼、周辺機器の選定やネットワーク回線の調査を行いますが、この過程でさまざまな業務が発生し、大変な手間と労力を要します。
言葉の問題も加わってなかなか調整もうまくいかないケースも多々あります。
ともすればシステム担当者様が現地に出向いて調査を行わなければならない状況になりかねません。

弊社の海外導入プログラムなら、海外導入支援専属チームが各国の現地販売店(海外パートナー)と連携・協力し、国内導入と同じようにシステム導入前準備、設置、導入後の対応(システム障害時の問題切分け)を行います。
また、日本一括決済が可能なため、海外拠点への負担もかかりません。

VTVジャパンは、海外導入支援のエキスパートです。
システム担当者様の負担を最小限に軽減し、スムーズなシステム導入を可能にします。

→海外導入支援のメリット

 

海外導入実績国のご紹介 世界のさまざまな国への導入実績があります。

VTVジャパン海外導入支援プログラムを使って、たくさんのお客様がさまざまな国にテレビ会議を導入されています。

例えば中国、韓国、香港、マカオ、台湾、ベトナム、シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシア、インド、トルコ、オーストラリア、ニュージーランド、ウズベキスタンなどのアジア・オセアニア地域計15カ国、アメリカ、メキシコの北中米地域、イギリス、イタリア、ドイツ、フランス、スウェーデン、チェコ、スイス、スペイン、アイルランド、ポーランドといったヨーロッパ地域計10カ国への導入実績があります。
その他の国に関しても、現地販売店(パートナー)との提携を行っており、導入が可能です。

→海外導入実績国・メーカー紹介

 

お知らせ・更新情報

2014年06月25日 【更新情報】海外導入支援プログラムチーム メンバー紹介ページを追加しました。

2014年05月30日 【更新情報】よくある質問・Q9、Q10を追加しました。

2014年03月31日 【更新情報】よくある質問・Q7、Q8を追加しました。

2014年03月06日 【更新情報】よくある質問・Q4~Q6を追加しました。

2014年02月06日 【更新情報】よくある質問コンテンツを追加しました。

2013年12月27日 【お知らせ】海外導入支援サイトをアップしました。